IT・ICT

Ciscoスイッチ(Catalyst)の正常性確認コマンドいろいろ

投稿日:2018年4月26日 更新日:

Cisco製のネットワークスイッチ(Catalyst)の障害発生時や交換対応後の正常性確認に最低限確認しておきたいコマンドとして下記があります。

下記のコマンドを覚えておくと役に立つのでぜひ覚えておきましょう。

  • show interfaces status
  • show cdp neighbors
  • show ip ospf neighbor(ospfを利用している場合)
  • show ip route
  • show spanning-tree blockedports

 

一つづつ確認していきましょう!

 

インターフェースのステータス確認:show interfaces status

show interface statusコマンドは、スイッチのインターフェースステータスを確認します。

実際に実行すると下記のような感じです。

 

まずはUpしているべきインターフェースが「connected」になっていることを確認しましょう。

Down状態であれば「notconnect」になっています。

また、Loopを検知していたりその他異常が発生している場合は「err-disable」となります。

「err-disable」になっている場合はインターフェースを「shutdown」「no shutdown」コマンドで復旧させて上げましょう。

 

Cisco製品同士の隣接関係確認:show cdp neighbors

Cisco製品はお互いで「CDP:Cisco Discovery Protocol」というプロトコルを利用し、色々な情報をやり取りします。

CDPでは隣にいる(隣に接続されているネットワーク機器)を検出することができます。

実際に下記のように表示されます。

6行目を解説すると、自身の「Gig 1/0/2」に「SwitchB」がつながっており、「SwitchB」の接続ポートは「Gig 0/1」といった感じになります。

少しわかりにくいですねー

たまにあるのが、しっかり接続されているのにshow cdp neighborsコマンドで表示されてないことがあります。

私の場合はインターフェースを「shutdown」「no shutdown」することで復旧するパターンが多々ありました。

 

 

ダイナミックルーティング状態の確認(ospf):show ip ospf neighbor

中規模以上のネットワークであればダイナミックルーティングを設定している場合が多いかと思います。

ospf(Open Shortest Path First)プロトコルを利用している場合、隣接するネットワーク機器とルーティング情報のやり取りが正常にできているか

show ip ospf neighborコマンドで確認することができます。

実際に下記のように表示されます。

上記の場合2台のネットワーク機器とルーティング情報をやり取りしています。やり取りが上手く行っていない場合は表示がありません。

 

自身のルーティング情報を確認:show ip route

自身のルーティング情報を確認することができます。ospfで学習したルーティング情報もこのコマンドで確認することができます。

実際には下記の様な感じです。

GWアドレスの通知漏れや不具合などでGWがわからなくなって通信できないということがよくあるのでGWアドレスは要チェックです。

上記の場合だと「Gateway of last resort is 192.168.255.254 to network 0.0.0.0」が該当します。

ospf不具合の場合、「clear ip ospf process」でプロセスの再起動を実施することができます。不具合の原因がわからない場合は試してみるのも手です。

あとは現状の環境とルーティング情報にミスマッチが無いか確認します。

 

スパニングツリーのblockポート確認:show spanning-tree blockedports

予期せぬ再起動等が発生した場合、これまで構成していたスパニングツリーの再計算が行われることになりますが、たまに計算が上手くいかず、

意図しないブロックポートがアサインされることがあります。

通常はネットワーク機器で最適なブロックポートを設定してくれるのであまり意識しないためたまにハマります。

コマンドの実行結果は下記のようになります。

自身のインターフェース「Gi1/0/1」で「Vlan10、vlan20」のブロックポートが作成されているという意味の表示です。

適切かどうか確認しましょう。

 

いかがだったでしょうか。

機器の交換対応や障害時およぶ復旧時の確認で私は上記のコマンドで正常性確認を実施します。

他にも色々確認することはあると思いますが、最低限これだけ抑えておけばOKかなと思います。

 

以上、皆さんの運用作業等のお役に立てれば幸いです。

 

-IT・ICT


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Zabbix 3.2.4 自動で監視項目作成(LLD:ローレベルディスカバリ)

大量の監視対象機器がある場合、監視設定ってとっても大変ですよね。 ましてやネットワーク機器等は数も多いので大変だと思います。   Zabbixには監視項目を自動で作成するローレベルディスカバ …

Zabbix 3.2.4でスクリプトによる監視(UserParameter)

今回はZabbixのデフォルトで用意されていない監視を実施できるUserParameterという 機能を紹介していきます。 Zabbixはサーバ側に設置したスクリプトを利用し、監視項目として 取得する …

便利なWEBツール(パスワード自動作成・差分確認・PDF結合)

日々の業務で非常に便利なWEBツールを紹介します。 パソコンにツールをインストールして利用するのもいいですが、インストール作業自体がめんどくさいですよね(わたしはそうです) exeファイルをダウンロー …

一日一回だけスクリプトを実行したい!Zabbix3.2.4 更新間隔:定期設定にて制御する

皆さんは日々の運用業務でZabbixを有効活用していますか? 今回はZabbixアイテムの設定項目の一つ更新間隔:定期設定をご紹介したいと思います。   サーバやネットワーク機器の監視・運用 …

Versionを指定したyumインストール

CentOSではyumを利用し簡単にソフトウェアをインストールすることができます。しかしソフトウェアのagentソフトなど、versionをあわせないと正常に動作しないことがあったりするので、vers …