IT・ICT

Windows10でbashが使える!Windows Subsystem for Linux(Ubuntu)をインストール

投稿日:2017年12月19日 更新日:

Linuxで構築しているサーバの検証やBashスクリプトの検証など、手軽にサクッとLinuxを触りたいことってありますよね。

一度仮想マシンなどを作っておけばいいことではありますが、いちいち仮想マシンを起動するのが面倒だったりします。(私はそうです)

Windows Subsystem for Linuxは、windows上でbashシェルを動かすことができる機能です。起動するのもとても高速なのでサクッと試したいときはとても便利です。

インストールすることによりどんなことができるようになるのか、実際に進めていきたいと思います。

インストール自体もとても簡単なんでぜひお試し下さい。

 

Windows Subsystem for Linuxの有効化

実際にWindows Subsystem for Linuxを有効化していきましょう。

スタートボタン(Windowsボタン)を右クリックし、「アプリと機能」をクリックします。

 

画面右側の「プログラムと機能」をクリックします。

 

画面左側「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

 

「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

OKクリック後にパソコンを再起動する必要があります。

 

「いますぐ再起動」をクリックします。

 

ここまででWindows Subsystem for Linuxの有効化は完了です。

 

Windows Subsystem for Linux用のLinuxディストリビューションインストール

Windows Subsystem for Linuxの有効化が完了したら稼働させるLinuxディストリビューションをインストールします。

Microfsoftストアより入手します。

 

windowsボタンを押し、「store」と検索するとヒットします。

 

検索欄に「ubuntu」と入力し検索するとヒットするので、「Ubuntu」をクリックします。

 

「入手」をクリックするとインストールが開始されます。

 

インストールが完了するとWindowsメニューにUbuntuが追加されます。クリックすると起動します。

 

起動すると下記のようにユーザ作成のウィザードが始まります。

新規ユーザ名とパスワードを入力して完了させます。完了後にUbuntuが起動します!!

Enter new UNIX username: ← 新規ユーザ名を入力
Enter new UNIX password: ← パスワードを入力
Retype new UNIX password: ← パスワードを再入力

 

コマンドプロンプトから起動

コマンドプロンプトから起動することもできます。

コマンドプロンプトにて「bash」と入力すると起動します。

C:\Users\user>bash ←「bash」と入力
local@localpc:/mnt/c/Users/local$
local@localpc:/mnt/c/Users/local$
local@localpc:/mnt/c/Users/local$ date
Mon Nov 18 21:01:15 DST 2017

 

Telnet・SSHを使ってみる

WindowsからだとTeratermなどのターミナルソフトが必要でしたが、コマンドプロンプト → bash → telnet or SSHで

利用することができます。とても便利!

local@local:~$ telnet 10.10.10.10
Trying 10.10.10.10...
Connected to 10.10.10.10.
Escape character is '^]'.

User Access Verification

Password:

 

bashスクリプトを実行してみる

もちろんbashスクリプトも利用することができます。

下記のようなスクリプトを用意して実行することもできます。

vi test.sh

#!/bin/bash

echo "hello"

localhost@localhost:/mnt/c/Users/localhost/Desktop$ sh -x ./test.sh
+ echo hellow
hellow

 

いかがだったでしょうか。ちょっとした検証やWindows標準では実装されていないコマンドなど

色々便利に利用できるかと思います。

また色々とご紹介していきたいと思います!

-IT・ICT


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Zabbix 3.2.4 自動で監視項目作成(LLD:ローレベルディスカバリ)

大量の監視対象機器がある場合、監視設定ってとっても大変ですよね。 ましてやネットワーク機器等は数も多いので大変だと思います。   Zabbixには監視項目を自動で作成するローレベルディスカバ …

パソコンがインターネットにつながらない!切り分けコマンド色々

パソコンがインターネットにつながらない!という障害対応は多々あるかと思います。 そんなときにパソコン側で実施したい切り分けコマンドをいくつか紹介したいと思います。 いざというときに役に役に立つのでぜひ …

Zabbix 3.2.4でスクリプトによる監視(UserParameter)

今回はZabbixのデフォルトで用意されていない監視を実施できるUserParameterという 機能を紹介していきます。 Zabbixはサーバ側に設置したスクリプトを利用し、監視項目として 取得する …

メールアカウント作成作業を短縮!bashスクリプトによるメールアカウント一括作成

メールサーバー新規構築時等、メールアカウント作成作業って単純だけど手間ですよね・・ メールアカウント数が10とか20とかならまだしも1000とかあったら地獄!しかもメールアカウント作成に加え、パスワー …

Tera Term(テラターム)マクロの作成方法・使い方

皆さんは業務でTera Term(テラターム)を使うことはありますか? Tera Termとは”ターミナルエミュレータ”と呼ばれるものです。 Windowsサーバはリモートデス …