IT・ICT

Versionを指定したyumインストール

投稿日:2017年7月31日 更新日:

CentOSではyumを利用し簡単にソフトウェアをインストールすることができます。しかしソフトウェアのagentソフトなど、versionをあわせないと正常に動作しないことがあったりするので、versionを指定したインストールを実施したいことが多々あるかと思います。

今回はZabbixサーバを例にして指定したバージョンでyumインストールする方法をご紹介したいと思います。

前述した通り、Zabbixサーバはagentとversionをあわせないと上手く監視項目(アイテム)が取得できなかったり、様々な機能が利用できなかったり不具合が発生します。

Zabbixに限らず、その他ソフトウェアについても同じようにインストールすることができます。

※今回はZabbix-agentをバージョン指定でインストールします。Versionは 3.2.4のインストールを想定しています。

 

Versionを指定したyumインストール

まずはリポジトリよりrpmファイルを取得、インストールします。

下記コマンドにてyumインストールを実施して下さい。他のversionを利用したいときは「3.2-1」の部分を実際にインストールしたいversionに適宜変更して下さい。

実際に下記のURLにアクセスするとversionをしらべることもできます。

# yum install -y http://repo.zabbix.com/zabbix/3.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.2-1.el6.noarch.rpm

 

rpmファイルをインストールしたら下記コマンドでインストールできるZabbix-agentのバージョンのチェックします。

※yumコマンドに「–showduplicates」オプションをつけるとインストールできるversionを確認することができます。grepで絞り込むと見やすいですよー

# yum list –showduplicates | grep zabbix-agent*

 

チェックコマンドを実行すると下記のように出力されます。出力された内容は、インストールできるversionの一覧です。

ここから任意のversionを選択し、インストールします。

zabbix-agent.x86_64 1.8.22-1.el6 epel
zabbix-agent.x86_64 3.2.0-1.el6 zabbix
zabbix-agent.x86_64 3.2.1-1.el6 zabbix
zabbix-agent.x86_64 3.2.2-1.el6 zabbix
zabbix-agent.x86_64 3.2.3-1.el6 zabbix
zabbix-agent.x86_64 3.2.4-1.el6 zabbix
zabbix-agent.x86_64 3.2.5-1.el6 zabbix
zabbix-agent.x86_64 3.2.6-1.el6 zabbix
zabbix-agent.x86_64 3.2.7-1.el6 zabbix

 

インストールしたいバージョンを指定してyumインストールします。今回は3.2.4を選択してインストールしています。

#  yum install zabbix-agent-3.2.4

 

実際にインストールできているか確認します。grepしてみて対象のversionがインストールできているかみてみましょう!

# rpm -qa | grep zabbix-agent

zabbix-agent-3.2.4-1.el6.x86_64

 

うまくインストールできない場合は初めにパッケージの削除し、yumキャッシュのクリアを試してみてください!

yumが失敗する原因は初歩的なものが多いです。例えば名前解決ができていない(DNSサーバの設定が不適切)、Proxyサーバ経由の設定が入っていないなど。

いろいろな要因があるので一度ご確認下さい。

# yum remove -y zabbix-release   <– パッケージの削除

# yum clean all                            < –yumキャッシュのクリア

 

いかがだったでしょうか。やってみると意外と簡単にversionを指定してインストールすることができます。

以上、Versionを指定したyumインストール方法でした!皆さんのお役に立てれば幸いです。

-IT・ICT
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WindowsUpdate後にリモートデスクトップができないときの対処法

2018/05/に実施されたWindowsUpdate後にリモートデスクトップが利用できない事象が発生しているようです。 運用業務でリモデを利用している方は致命傷ですよね・・・ 私の場合はリモデできる …

ネットワーク機器監視・コンフィグ管理ツール RANCIDをCentos7.2へインストール