IT・ICT

vmware workstation 14 Player へ Centos7.2のインストール方法

投稿日:2017年11月23日 更新日:

Windowsのパソコンなどに仮想マシンを作成し動作させることができる「vmware workstation 12 player」を

利用し、Centos7.2 をインストールする方法を紹介したいと思います。

 

準備するもの

・vmware Workstation 12 player インストーラ

 

・Centos7.2 OSイメージ

 

・パソコン

 

vmware Workstation 14 playerの入手、インストール

以下URLよりvmware Workstation 14 player インストーラを入手します。

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_workstation_player/14_0

 

URLの「VMware Workstation 14.0.0 Player for Windows 64-bit Operating Systems.」のダウンロードをクリックし

インストーラをダウンロードします。

 

ダウンロードしたインストーラをダブルクリックし、インストールを開始します。

インストーラを実行すると同意画面が表示されるので、「次へ」をクリックします。

 

インストール先の変更を求められますが、そのままで構いません。「次へ」をクリックします。

 

次の画面はなんかめんどくさそうなので、チェクを外して「次へ」をクリックします。

 

ショートカット等の作成はお好みでOKです。「次へ」をクリックします。

 

次画面でインストールが開始されます。「インストール」をクリックします。

 

完了の通知がでればインストール完了です!

 

Centos7.2のOSイメージダウンロード

仮想マシンとしてインストールするCentos7.2 のOSイメージをダウンロードします。

ダウンロード先は下記URLです。

※ミラーサイトとなります

http://archive.kernel.org/centos-vault/7.2.1511/isos/x86_64/

上記サイトより「CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso 」をダウンロードします。

4GBとかなりでかいので時間がかかるかと思います。

 

vmware Workstation 14 playerへCentos7.2の仮想マシン作成

インストールしたvmware Workstation 14 playerへCentos7.2の仮想マシン作成を作成していきます。

まずはvmware Workstation 14 playerを起動しましょう。

起動すると下記の画面が表示されるので、「非営利目的でVmware Workstation 14 Playerを無償で利用する」にチェックをいれ

「続行」をクリックします。

 

次画面は「完了」をクリックします。

 

設定画面が表示されます。これでいよいよ仮想マシンの作成が開始できますね!

下記画面の「新規仮想マシンの作成」をクリックします。

 

先程ダウンロードしたISOファイルを選択します。

「参照」よりISOファイルを選択し、「次へ」をクリックします。

各種情報を入力します。

フルネーム:仮想マシンのホスト名

ユーザ名:作成するユーザ名

パスワード:任意

入力が完了したら「次へ」をクリックします。

 

次画面は仮想マシン名の入力と仮想マシンの保存場所を決めます。

仮想マシン名:任意

場所:デフォルトのままでOK

 

仮想マシンのディスクサイズを決めます。

パソコンのHDD残り容量を考慮し決めます。大きすぎるとパソコン自体の容量を圧迫するので注意!

ここでは「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」としています。

完了したら「次へ」をクリックします。

 

「ハードウェアをカスタマイズ」より仮想マシンのメモリサイズ等を変更できますが、今回はそのまま

作成します。「完了」をクリックすると仮想マシンの作成が開始されます。

 

パソコンのキーボード矢印で項目を選択します。「Install CentOS 7」を選択し、エンターを押します。

 

仮想マシンの言語を選択します。今回は「日本語」を選択し、「続行」をクリックします。

 

 

各種設定画面に移行します。あとから設定は可能なのでそのまま「インストールの開始」をクリックします。
※パーティション(HDDの割り振り)はあとから変更するのが面倒なので、変更するのであればこの段階で変更しましょう。

 

インストールが完了すると再起動が求められます。「再起動」をクリックしましょう。

 

インストール完了です!

 

vmware workstation 14 Player へ Centos7.2のインストールは完了です。

以上、みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-IT・ICT


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一日一回だけスクリプトを実行したい!Zabbix3.2.4 更新間隔:定期設定にて制御する

皆さんは日々の運用業務でZabbixを有効活用していますか? 今回はZabbixアイテムの設定項目の一つ更新間隔:定期設定をご紹介したいと思います。   サーバやネットワーク機器の監視・運用 …

アクセスポイント(AP)設計・構築時に確認しておくべきこと、押さえて置きたいポイント

まだまだ未熟者のネットワークエンジニアですが、少しずつ設計や機器選定に 関わらせてもらえるようになってきました。 オフィスやホテルなど、小~中規模のWiFi設計・構築を行う際に失敗したことや苦労したこ …

サンダーバード(Thunderbird)で宛先一括入力!コピペで作業圧縮

みなさんはメーラソフトは何を利用していますか? 私は使いやすいのでサンダーバード(Thunderbird)を利用しています。   サンダーバードはとても使いやすいのですが、大量にある宛先(メ …

Zabbix 3.2.4で死活(Ping)・CPU使用率・メモリ使用率の監視設定方法

ZabbixでLinuxサーバの監視設定をご紹介します。 Zabbixにはシンプルチェック、snmpなどいろいろな監視方法がありますが、 今回はシンプルチェック、Zabbix-agentを利用して、死 …

不要なアラートの抑制。Zabbix3.2.4 メンテナンス期間の設定方法

皆さんZabbixを運用・監視業務に利用していますか? Zabbixでは「メンテナンス期間」というとても便利な機能を利用することができます。 メンテナンス期間とは、ネットワーク機器やサーバのメンテナン …