IT・ICT

Zabbix 3.2.4 自動で監視項目作成(LLD:ローレベルディスカバリ)

投稿日:2017年11月12日 更新日:

大量の監視対象機器がある場合、監視設定ってとっても大変ですよね。

ましてやネットワーク機器等は数も多いので大変だと思います。

 

Zabbixには監視項目を自動で作成するローレベルディスカバリ(LLD)という機能があります。

一度作成してしまえば膨大にある監視対象も、新規で監視機器を追加する場合も

一瞬で追加することができます。

とても便利な機能なので、ぜひ活用してみてください!

 

ローレベルディスカバリ(LLD)は何をするか

監視設定を自動化しているといっても、実際にローレベルディスカバリは何をしているのでしょうか。

図で説明すると下記のようになります。

①監視対象機器に対してディスカバリ(監視対象:監視項目の確認)を実行します。

  ディスカバリする内容は設定によって変更できます。ここではネットワーク機器のポート数をディスカバリする例としています。

②ディスカバリを受けて監視対象機器は、自身にどれだけ監視対象があるか返答します。

  例えばポート数は10個ある、どこにLANケーブルが刺さっている等

③Zabbixサーバは受け取った監視対象をもとに自動でアイテム、トリガーを作成します。

 

 

設定する内容

ローレベルディスカバリを実施する場合、下記の内容を設定する必要があります。

①ディスカバリルールの作成(どの内容をディスカバリするのか)

②アイテムのプロトタイプの作成(ディスカバリした内容に対してどれをアイテムとして作成するか)

③トリガーのプロトタイプ作成(作成したアイテムに対してどのようなトリガーを作成するか)

 

実際に設定していきましょう。

 

設定の前提

今回の設定の前提として下記とします。

・監視対象はネットワーク機器

・監視対象のネットワーク機器はsnmp通信ができている前提

・ネットワーク機器のインターフェースを自動取得し、LinkDown/UPに対してトリガーを設定

 

ディスカバリルールの作成

まず初めにディスカバリルールを作成します。

今回はディスカバリのテンプレートを作成していきます。

 

予め新規テンプレートを作成し、「ディスカバリルール」を選択します。

 

「ディスカバリルールの作成」より新規作成します。

 

下記項目を設定します。

名前:任意

タイプ : SNMPv2エージェント

キー : snmp.discovery

SNMP OID : discovery[{#IFDESCR}, ifDescr, {#IFINDEX}, ifindex,{#IFOPE}, ifOperStatus]

SNMPコミュニティ : ネットワーク機器に設定してあるもの

ポート:161

 

今回設定したSNMP OIDは、インターフェースの名前と番号、ステータスをディスカバリするものになります。

設定したら「追加」ボタンで保存します。

 

アイテムのプロトタイプの作成

作成したディスカバリルールにアイテムのプロトタイプを作成します。

今回はポートのステータスのアイテムを作成します。

「アイテムのプロトタイプ」より設定を初めます。

下記の項目を設定します。

名前 : ifOperStatus[{#IFDESCR}]

タイプ : SNMPv2エージェント

キー : ifOperStatus[{#IFDESCR}]

SNMP OID : ifOperStatus.{#IFINDEX}

SNMPコミュニティ : ネットワーク機器に設定してあるもの

ポート : 161

 

設定したら「追加」ボタンより保存します。

 

トリガーのプロトタイプ作成

作成したディスカバリルールにトリガーのプロトタイプを作成します。

今回はリンクダウン・アップのトリガーを設定します。

「トリガーのプロトタイプ」より設定を初めます。

下記の項目を設定します。

名前 : IF LINK DOWN [{#IFDESCR}]

条件式: {interface LLD:ifOperStatus[{#IFDESCR}].last(1)}<>1

※赤字の部分はテンプレート名になるので注意!

設定したら「追加」ボタンより保存します。

 

上記でローレベルディスカバリの設定は完了です。

作成したローレベルディスカバリのテンプレートをホストに適用してあげると自動で監視項目を取得し

トリガー作成が開始されます。

 

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

-IT・ICT


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットワーク機器監視・コンフィグ管理ツール RANCIDをCentos7.2へインストール

インフラエンジニアの方や社内SEの方でネットワーク機器のコンフィグ管理をどうするか悩まれる方は多いと思います。 今回はそんな悩みを解消してくれるネットワーク機器監視・コンフィグ管理ツールの「RANCI …

Sakura Editor(サクラエディタ)の便利な使い方(新規テキスト・置換)

前回の記事ではサクラエディタのインストール方法や便利な使い方をご紹介しました。 引き続き、サクラエディタの便利な使い方を紹介していきます。 今回は新しいテキストファイルの開き方や置換方法をご紹介したい …

不要なアラートの抑制。Zabbix3.2.4 メンテナンス期間の設定方法

皆さんZabbixを運用・監視業務に利用していますか? Zabbixでは「メンテナンス期間」というとても便利な機能を利用することができます。 メンテナンス期間とは、ネットワーク機器やサーバのメンテナン …

ローカルユーザからドメインユーザへの移行方法(バッチ使用)

ある環境でActiveDirectory(以下AD)を導入する機会がありました。 そこで課題となったのが、ローカルユーザからドメインユーザへのデータ引き継ぎです。 たとえばデスクトップ上のファイルや、 …

Versionを指定したyumインストール

CentOSではyumを利用し簡単にソフトウェアをインストールすることができます。しかしソフトウェアのagentソフトなど、versionをあわせないと正常に動作しないことがあったりするので、vers …