IT・ICT

Zabbix 3.2.4 自動で監視項目作成(LLD:ローレベルディスカバリ)

投稿日:2017年11月12日 更新日:

大量の監視対象機器がある場合、監視設定ってとっても大変ですよね。

ましてやネットワーク機器等は数も多いので大変だと思います。

 

Zabbixには監視項目を自動で作成するローレベルディスカバリ(LLD)という機能があります。

一度作成してしまえば膨大にある監視対象も、新規で監視機器を追加する場合も

一瞬で追加することができます。

とても便利な機能なので、ぜひ活用してみてください!

 

ローレベルディスカバリ(LLD)は何をするか

監視設定を自動化しているといっても、実際にローレベルディスカバリは何をしているのでしょうか。

図で説明すると下記のようになります。

①監視対象機器に対してディスカバリ(監視対象:監視項目の確認)を実行します。

  ディスカバリする内容は設定によって変更できます。ここではネットワーク機器のポート数をディスカバリする例としています。

②ディスカバリを受けて監視対象機器は、自身にどれだけ監視対象があるか返答します。

  例えばポート数は10個ある、どこにLANケーブルが刺さっている等

③Zabbixサーバは受け取った監視対象をもとに自動でアイテム、トリガーを作成します。

 

 

設定する内容

ローレベルディスカバリを実施する場合、下記の内容を設定する必要があります。

①ディスカバリルールの作成(どの内容をディスカバリするのか)

②アイテムのプロトタイプの作成(ディスカバリした内容に対してどれをアイテムとして作成するか)

③トリガーのプロトタイプ作成(作成したアイテムに対してどのようなトリガーを作成するか)

 

実際に設定していきましょう。

 

設定の前提

今回の設定の前提として下記とします。

・監視対象はネットワーク機器

・監視対象のネットワーク機器はsnmp通信ができている前提

・ネットワーク機器のインターフェースを自動取得し、LinkDown/UPに対してトリガーを設定

 

ディスカバリルールの作成

まず初めにディスカバリルールを作成します。

今回はディスカバリのテンプレートを作成していきます。

 

予め新規テンプレートを作成し、「ディスカバリルール」を選択します。

 

「ディスカバリルールの作成」より新規作成します。

 

下記項目を設定します。

名前:任意

タイプ : SNMPv2エージェント

キー : snmp.discovery

SNMP OID : discovery[{#IFDESCR}, ifDescr, {#IFINDEX}, ifindex,{#IFOPE}, ifOperStatus]

SNMPコミュニティ : ネットワーク機器に設定してあるもの

ポート:161

 

今回設定したSNMP OIDは、インターフェースの名前と番号、ステータスをディスカバリするものになります。

設定したら「追加」ボタンで保存します。

 

アイテムのプロトタイプの作成

作成したディスカバリルールにアイテムのプロトタイプを作成します。

今回はポートのステータスのアイテムを作成します。

「アイテムのプロトタイプ」より設定を初めます。

下記の項目を設定します。

名前 : ifOperStatus[{#IFDESCR}]

タイプ : SNMPv2エージェント

キー : ifOperStatus[{#IFDESCR}]

SNMP OID : ifOperStatus.{#IFINDEX}

SNMPコミュニティ : ネットワーク機器に設定してあるもの

ポート : 161

 

設定したら「追加」ボタンより保存します。

 

トリガーのプロトタイプ作成

作成したディスカバリルールにトリガーのプロトタイプを作成します。

今回はリンクダウン・アップのトリガーを設定します。

「トリガーのプロトタイプ」より設定を初めます。

下記の項目を設定します。

名前 : IF LINK DOWN [{#IFDESCR}]

条件式: {interface LLD:ifOperStatus[{#IFDESCR}].last(1)}<>1

※赤字の部分はテンプレート名になるので注意!

設定したら「追加」ボタンより保存します。

 

上記でローレベルディスカバリの設定は完了です。

作成したローレベルディスカバリのテンプレートをホストに適用してあげると自動で監視項目を取得し

トリガー作成が開始されます。

 

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

-IT・ICT


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ESXi 5.5.0 仮想マシン作成後に仮想マシンのHDD容量を増やす方法

ESXi 5.5.0にて(ファームが古く役立つ情報か微妙ですが・・・)仮想マシンのHDD容量を増やす方法を ご紹介したいと思います。 私が困ったことの経緯としては下記の作業を実施し、新規で作成した仮想 …

繰り返し作業を短縮できる!サクラエディタのキーマクロ機能を使う

皆さんサクラエディタを使っていますか? もし日々の業務で繰り返しの作業に時間をとられ、業務が圧迫されているのであれば サクラエディタの「キーマクロ」機能を利用して、作業を圧縮できるかもしれません。 & …

不要なアラートの抑制。Zabbix3.2.4 メンテナンス期間の設定方法

皆さんZabbixを運用・監視業務に利用していますか? Zabbixでは「メンテナンス期間」というとても便利な機能を利用することができます。 メンテナンス期間とは、ネットワーク機器やサーバのメンテナン …

駐車したパーキングを忘れてしまった・・・。GoogleMapアプリの駐車場メモ機能

初めて訪れた土地など、土地勘の無い場所でコインパーキングを探すのって大変ですよね。 やっとの思いで駐車し、店舗での買い物や用事が終わっていざ車に戻ろうとしたらパーキングの場所を忘れてしまった・・・ 都 …

Zabbix 3.2.4でスクリプトによる監視(UserParameter)

今回はZabbixのデフォルトで用意されていない監視を実施できるUserParameterという 機能を紹介していきます。 Zabbixはサーバ側に設置したスクリプトを利用し、監視項目として 取得する …