IT・ICT

悪用厳禁!Centosサーバのhistoryにコマンド履歴を残さない方法

投稿日:2017年10月29日 更新日:

皆さんはCentOSサーバの運用業務でCliコマンドを利用した作業はありますか?

Centosサーバで、Cliによる作業時にhistoryにコマンド履歴を残したくないときがあるかと思います。

どんなシュチュエーションなのかはここでは述べることはできませんが・・・お察しください。

あえて挙げるとすると、historyに残った履歴から誤操作を防いだりするのには役立つかと思います(苦し紛れ)。

設定自体はすごく簡単なので、参考になれば幸いです。

 

コマンド履歴を直接削除

通常の設定でコマンド操作を実施すると下記のように履歴が残ります。

 

下記コマンドで一括ですべて消すこともできますが、すごく不自然な結果に・・・。あとから消したな!って感じです。上司やお客さんに見つかったら言い逃れできません。

history -c

また、下記コマンドで履歴ナンバーを指定して消すこともできますが、なんというか・・・バレバレです。消してるやんけ!ってなりますね。

履歴を消すコマンドを消すコマンドを入れないと行けないので、無限ループが発生します。

history -d "履歴ナンバー"

 

historyにコマンド履歴を残さない完璧な方法

上記でご紹介した手順はお世辞にもスマートと言えません。

なので下記の手順にて作業を実施します。

1.先頭に半角スペースが入ると履歴に残しませんよ、という設定を投入(export HISTCONTROL=ignorespace)

2.「1」で実施したコマンドを削除 ※先頭に半角スペースを挿入

3.実施したいコマンドを実行 ※※先頭に半角スペースを挿入

 

実際にやってみます。

1,history -c コマンドでいちどすべてのhistoryを削除しています。(見やすくするためのものなので実際の環境では必要ありません)

2,export HISTCONTROL=ignorespace で設定を投入します。

3,上記の「export HISTCONTROL=ignorespace」を「history -d 1」コマンドで削除します。

4,先頭に半角スペースを入れ、コマンドを実行します。

5,先頭に半角スペースを入れないパターンも試してみます。

6,「history」コマンドで確認してみましょう。先頭に半角スペースを入れたパターンはhistoryに出力されていないことがわかります。

 

設定投入後に先頭に半角スペースを入れて実行したコマンドについてはhistoryに履歴が残っていません。これで好き放題コマンドを実行することができますね!

ちなみにこの設定はログアウトすると消去されるので、次回ログインから通常の設定に戻ります。

 

また、利用する機会は少ないかもしれませんが、下記コマンドでは「重複するヒストリーは保存しない」という設定をすることができます。

historyに同じ履歴が残ってしまって邪魔!というかたは設定してみて下さい。こちらも同じくログアウトすると設定が解除されます。

export HISTCONTROL=ignoredups

 

いかがだったでしょうか。なかなか実行する機会は少ないかと思いますが、こんなコマンドああったなくらいで頭の片隅にでも置いておけばいざというときに便利です。

以上、参考になれば幸いです。

-IT・ICT
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パソコンがインターネットにつながらない!切り分けコマンド色々

パソコンがインターネットにつながらない!という障害対応は多々あるかと思います。 そんなときにパソコン側で実施したい切り分けコマンドをいくつか紹介したいと思います。 いざというときに役に役に立つのでぜひ …

Zabbix色々なトリガーの書き方

皆さんは運用・保守業務で監視サーバは利用していますでしょうか。 私の業務では監視サーバとしてZabbixを利用しており、ネットワーク機器、サーバ機器の監視業務を実施しています。 Zabbixは状況に応 …

Tera Term(テラターム)マクロの作成方法・使い方

皆さんは業務でTera Term(テラターム)を使うことはありますか? Tera Termとは”ターミナルエミュレータ”と呼ばれるものです。 Windowsサーバはリモートデス …

繰り返し作業を短縮できる!サクラエディタのキーマクロ機能を使う

皆さんサクラエディタを使っていますか? もし日々の業務で繰り返しの作業に時間をとられ、業務が圧迫されているのであれば サクラエディタの「キーマクロ」機能を利用して、作業を圧縮できるかもしれません。 & …

WindowsUpdate後にリモートデスクトップができないときの対処法

2018/05/に実施されたWindowsUpdate後にリモートデスクトップが利用できない事象が発生しているようです。 運用業務でリモデを利用している方は致命傷ですよね・・・ 私の場合はリモデできる …