IT・ICT

Tera Term(テラターム)マクロの作成方法・使い方

投稿日:2017年8月6日 更新日:

皆さんは業務でTera Term(テラターム)を使うことはありますか?

Tera Termとは”ターミナルエミュレータ”と呼ばれるものです。

Windowsサーバはリモートデスクトップを利用し、遠隔より接続を実施するかと思いますが、LinuxなどはSSH、Telnetにて遠隔接続をすることが多いかと思います。

ターミナルエミュレータはSSHやTelnet接続を実施するために利用し、ネットワーク機器やサーバへログインし、操作をおこなうツールです。

 

使っている方も多いかと思いますが、今回はTeraTermというターミナルエミュレーターの「マクロ」機能をご紹介したいと思います。

マクロ機能を利用することにより、運用業務を圧縮することができると思いますので、ぜひ御覧ください。

 

Tera Termマクロを使う利点

サーバやネットワーク機器にログインして作業する際、大体は↓の作業を行います。

サーバのIPアドレスを調べる

Tera Termを起動し、IPアドレスを入力

ユーザ名(アカウント名)を入力

パスワードを入力

ログイン完了

 

今作業で大体1分くらいは消費してしまうのでは無いでしょうか。

毎回毎回入力するのは億劫なので、それを自動化しちゃいましょう!というのがTera Termマクロです。

 

Tera Termマクロの作成方法

作成方法は至って簡単です。

メモ帳などのエディアを利用して、ファイル名を「ファイル名.ttl」として保存するだけ!

サンプルを用意しているので、実際に試してみましょう。

※下記コードはCisco(シスコ)制スイッチにログインし、特権モードへ昇格するマクロです。

自環境と照らし合わせて適宜修正してください。

 

;; ADDR → IPアドレスを記載
;; USERNAME → ユーザ名を記載
;; PASSWORD → パスワードを入力
ADDR = '192.168.0.1'
USERNAME = 'root'
PASSWORD = 'password'

;; コマンドの組み立て
COMMAND = ADDR
strconcat COMMAND ':23 /nossh /T=1'

;; 接続
connect COMMAND

;; ログイン情報応答(ユーザ名・パスワード)
wait 'Username:'
sendln USERNAME
wait 'Password:'
sendln PASSWORD

;; 特権モードへ昇格
wait '>'
sendln 'en'
wait 'Password:'
sendln '123456789'

;; マクロ終了
end

上記のコピーしてテキストファイルに貼り付けし、「testmacro.ttl」などのファイル名で保存したら

自動ログインマクロの完成です!ログイン対象機器のホスト名で保存したら一目瞭然ですね。

あとはダブルクリックで実行するだけです。

 

上記はあくまでCiscoのスイッチ用マクロになっています。

肝となるのは ”wait ‘Username:’”  ”sendln USERNAME” の箇所です。

 

何をしてるかというと、「Username」が機器から求められたら、「USERNAME」を

送信しています。

ネットワーク機器やサーバによっては求められる文字列が微妙に違うので

適宜修正する必要があります。

例) UserName、PassWord など

 

また、ユーザ名は求められないなどなど・・・

 

適宜自分の環境に合わせて利用してみてください!

 

またマクロを利用したログ取得など、業務圧縮に役立つ記事を

書いていきたいと思います!

-IT・ICT
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Zabbix 3.2.4でスクリプトによる監視(UserParameter)

今回はZabbixのデフォルトで用意されていない監視を実施できるUserParameterという 機能を紹介していきます。 Zabbixはサーバ側に設置したスクリプトを利用し、監視項目として 取得する …

WordPress記事の文字数をカウントするプラグイン。Word Countをインストールする

WordPressでブログを運営されているかたは、各記事の文字数が気になりますよねー 私は各記事をコピペして文字数カウントツールを利用していました。全記事をチェックしようとするとかなり面倒ですよね・・ …

Zabbix 3.2.4 をyumでインストールする方法

CentOS7へZabbix3.2.4をインストールする方法をご紹介します。 Zabbixとはサーバやネットワーク機器等を監視するソフトウェアです。 機器を監視しておくと、サーバのダウンやネットワーク …

vmware workstation 14 Player へ Centos7.2のインストール方法

Windowsのパソコンなどに仮想マシンを作成し動作させることができる「vmware workstation 12 player」を 利用し、Centos7.2 をインストールする方法を紹介したいと思 …

ネットワーク機器監視・コンフィグ管理ツール RANCIDをCentos7.2へインストール

インフラエンジニアの方や社内SEの方でネットワーク機器のコンフィグ管理をどうするか悩まれる方は多いと思います。 今回はそんな悩みを解消してくれるネットワーク機器監視・コンフィグ管理ツールの「RANCI …